新しい命

hjjjhkk.jpg


医局のOです。

今年、我が家に、新しい命の授かりものがありました。
大学時代の産婦人科の出産の実習では、実習先で待合室に朝から晩まで詰めて
食事に外出することもなく、出産を待ったにも関わらず、夜中になっても呼び出しが来ないので
心配になって詰所を尋ねたら、昼には出産がすんでおり
単にスタッフの方が我々学生に伝えるのを忘れていたという
今思い出しても怒りしか覚えない実習経験で結局、出産を見学できないままで(笑)
20数年前、娘たちが生まれた際には、仕事が忙しく、日当直等も重なり
出産の現場に立ち会うことがかなわず、娘たちに会えたのは、生まれて2日後
半日後といったタイムラグがあったので、正直、出産の大変さを体験することもなく
若くして(?)おじいさんになる時を迎えました。
今回、初めて、娘の出産の現場に立ち会い、生みの苦しみというものを目の当たりにして
その大変さとともに、まだ大学を卒業してさほど経過してもいない娘が
いつの間にか強い母親に育っていたことに強い感銘を受けました。
そうして生まれてきた孫をみると、可愛くて可愛くて仕方がありません。
産婦人科の先生、助産師さんをはじめ
娘の出産に携わっていただいた方々にも感謝の念でいっぱいです。
今は、気持ちよく寝ている孫のこれからの将来に思いをはせると
希望とともに、いろいろな苦難が待ち受けている。娘も大切な仕事を持っているので
そのキャリアをどのように維持していったらいいのか
しっかりとした子育てとキャリア形成の両立が可能なのか
保育園の確保は、学校は、二人目は、、といろいろと思いは尽きませんが
何はともあれ、孫の成長を楽しみに
なお一層、健康に気をつけて頑張らなければと思う今日このころです。
スポンサーサイト

作業療法の紹介

昨年の8月末から当院へ出向しております
作業療法士のG・Mです。

作業療法室を立ち上げ8か月
少しずつ物品も充実し
現在自分を含め2名の作業療法士がリハビリに携わっています。
作業療法では食べたり入浴したり
トイレに行ったり家事をしたり
人の日常生活に関わるすべての諸活動を「作業と」呼び
基本的な動作能力から社会の中に適応する能力まで
3つの能力を維持・改善し
その人らしい生活の獲得を目標に日々精進しています。
 まだまだ至らないことが多く
すべての方に対して支援できている状況ではないですが
これからもより一層環境面の充実と臨床能力の向上を図っていきたいと思います。
 今年度もよろしくお願いいたします。

riha1.jpg

第25回 院長談話 2018/3/30 今年度ほんとうにご苦労様でした

 今年度は尾鍋外科病院が生和会医療グループの経営傘下に入ることにより、40年以上の歴史に一応の幕が降りた年でした。皆様の協力により出来上がった「尾鍋外科病院40年のあゆみ」の刊行は、長年当院に貢献して戴いた職員が気持ちを切り替えて新たな歴史に踏み出すためにも大変良かったと思います。
  この一年はまず「満床プロジェクト」をお願いして、6月には目標を達成して戴きました。次に「リハビリテーションの充実」は、生和会医療グループからのOT,STの派遣とリハビリ室の改修により“脳血管等リハビリテーション料(Ⅱ)を取得し、9月から稼働することができました。
 その結果、今年度の入院患者数は130名に達する見込みで、昨年度の76名から7割増になり、“月10名の入院患者”という目標を達成しました。経営収支も目標値を超えることが出来ました。
今年は看護詰所の大幅な改修と更衣室、休憩室の拡張など環境改善を行ったものの、看護師は微増に留まり、看護補助者も増えなかったので職員の皆様には何かとご苦労をかけました。
 何よりも当院の医療・介護、職員の態度、病院の雰囲気が本当に良いという声を聞くことが多くなり、院長としてはこれに優る喜びはありません。来年度もよろしくお願い申し上げます。
 

ポエム

看護部 療養病棟看護師M.Sです

患者様の家族より詩を作っていただきました。


poemu.jpg
     
私たちは改めて考えさせられ感銘を受けました
今後のやりがい、やる気に繋げていきたいと思いました。

ピアノの旋律

看護部 N.Rです

日曜日、孫(13才)のピアノ発表会がありました。
4才からピアノを習い始め、拙いメロディから
美しい旋律を奏でる成長した姿に感動し
涙があふれました。
最近「涙活」という言葉を聞くようになり
感動的な涙を流すことは心のデトックス効果があり
ストレス解消になると言います。
心晴れやかな気持ちで帰途につきました。

ピアノ
プロフィール

尾鍋 外科

Author:尾鍋 外科
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR