FC2ブログ

第25回 院長談話 2018/3/30 今年度ほんとうにご苦労様でした

 今年度は尾鍋外科病院が生和会医療グループの経営傘下に入ることにより、40年以上の歴史に一応の幕が降りた年でした。皆様の協力により出来上がった「尾鍋外科病院40年のあゆみ」の刊行は、長年当院に貢献して戴いた職員が気持ちを切り替えて新たな歴史に踏み出すためにも大変良かったと思います。
  この一年はまず「満床プロジェクト」をお願いして、6月には目標を達成して戴きました。次に「リハビリテーションの充実」は、生和会医療グループからのOT,STの派遣とリハビリ室の改修により“脳血管等リハビリテーション料(Ⅱ)を取得し、9月から稼働することができました。
 その結果、今年度の入院患者数は130名に達する見込みで、昨年度の76名から7割増になり、“月10名の入院患者”という目標を達成しました。経営収支も目標値を超えることが出来ました。
今年は看護詰所の大幅な改修と更衣室、休憩室の拡張など環境改善を行ったものの、看護師は微増に留まり、看護補助者も増えなかったので職員の皆様には何かとご苦労をかけました。
 何よりも当院の医療・介護、職員の態度、病院の雰囲気が本当に良いという声を聞くことが多くなり、院長としてはこれに優る喜びはありません。来年度もよろしくお願い申し上げます。
 
スポンサーサイト

ポエム

看護部 療養病棟看護師M.Sです

患者様の家族より詩を作っていただきました。


poemu.jpg
     
私たちは改めて考えさせられ感銘を受けました
今後のやりがい、やる気に繋げていきたいと思いました。

ピアノの旋律

看護部 N.Rです

日曜日、孫(13才)のピアノ発表会がありました。
4才からピアノを習い始め、拙いメロディから
美しい旋律を奏でる成長した姿に感動し
涙があふれました。
最近「涙活」という言葉を聞くようになり
感動的な涙を流すことは心のデトックス効果があり
ストレス解消になると言います。
心晴れやかな気持ちで帰途につきました。

ピアノ

希望と笑顔のお別れ

看護部 T.Nです

先日、看護部の懇親会が有りました。

ケーキとお花で

お別れのスタッフと楽しい一時を過ごしました

また、いつの日か戻って来て貰えるかもという希望もあって

笑顔でのお別れでした

1520910017472.jpg

1520910011553.jpg

ひなまつり

看護部M.Sです

3/3は桃の節句です

病棟ではひな祭りを行いました

菜の花と桃の花を持って病室を回りました。

患者さんからは笑顔が見られ

私たちはとても嬉しい気持ちになりました。

これからも季節の行事を大切にしていこうと思いました。

hina.png
プロフィール

尾鍋 外科

Author:尾鍋 外科
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR