FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成31年度新年互例会 院長挨拶 2019/1/4

  明けましておめでとうございます。今年の三が日は比較的暖かい気候に恵まれ、よい正月休みを過ごされた職員も多かったと思いますが、出勤した職員の皆さんは大変ご苦労様でした。心配した当院でのインフルエンザは今のところ拡大する気配がありません。
 今年は十二支最後の亥年ですが、同時に平成も最後の年になり、当院がこの地で診療するのも最後の年度になります。これらの偶然は当院にとってこの一年がしめくくりの年であり、また新たな出発の年でもあることを改めて感じさせ、身の引き締まる思いです。
 何度か言ってきましたが、平成の時代はこれから日本が克服しなければならない多くの課題が明らかになりました。そのために次の時代はどうすれば良いのか、それはこれからの若い人たちが中心となって考えねばならないでしょう。医療や病院の将来像もまだはっきりと見えていない中で、新病院は建物が新しくなるだけでなく、新しい医療を提供する内容が伴わなければなりません。どのような医療を提供すればよいのか、若い人たちが中心となってこの一年日々考えていただきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾鍋 外科

Author:尾鍋 外科
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。