第2回慢性期リハビリテーション学会

 平成27年3月14~15日にパシフィコ横浜で行われた第2回慢性期リハビリテーション学会に参加し、口述発表(症例報告)をして参りました。
演題名:300日に及ぶ長期の人工呼吸器管理から離脱可能となった1例
 
 近年、長期人工呼吸器装着患者が増加しており、慢性期病院においても離脱に向けた治療を行っていくことが重要と言われています。当院では急性期病院で人工呼吸器離脱が困難である患者さんを受け入れております。多職種が連携してリハビリテーションに関わることで、人工呼吸器離脱に向けた視点が生まれ、離脱に至った症例を経験致しました。
他施設の方々との情報交換など学会で得た知識を今後の診療に活かしていきたいと思います。今後も尾鍋外科病院スタッフの発表に対して、質問や忌憚のないご意見をいただければ幸いです。
最後に、今回の発表に関して、多くのご指導をいただきましたスタッフの皆様にこの場をお借りして感謝致します。

理学療法士 佐々木 康介
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾鍋 外科

Author:尾鍋 外科
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR